大分県津久見市ブランコ様宅の施工記録

大分県臼杵市の塗装屋(職人)が作成した工事記録です。
たくさんの施工写真や動画を掲載しております

【外壁塗装 下塗2回,上塗2回 計4工程】

下塗1回目

ブランコ様宅は表面のガサが激しいので、それらの目止め効果を期待して
下塗りは2回塗ることになってます。1回目は材料16舛紡个靴10%の水で希釈しておきます。

  

下塗り1回目と2回目は同一材料、同一色(白)なので、塗り残しを防止するために1回目は黒を少し足して
薄いグレーっぽい色にしました まず、目地の窪みとか

  

ローラーじゃ届かない四隅を刷毛塗り

  

その後、ベタ面をローラー 1回目にこれを塗る事で、ツブツブ塗膜のガサガサが消え、且つ、ポツポツした巣穴も埋まります



1回目塗布の様子。片手にカメラなんで、動きが変ですが



既存状態から下塗1回目までの変化
マウスを乗せると施工後に変化します ↓

zengo

下塗2回目(厚付けローラー)

2回目はどろどろの状態で厚く塗る為、水の量を1回目の半分「800」に設定
水の量が少ないと模様がトゲトゲになり、大根おろし器みたいになって嫌なので、いつもこれくらいです



材料の消費が激しいので、4缶いっきょに練っておきます
1回目の時とは違い、厚み(模様)をつける専用のローラーで、小さいのが四隅(狭いトコ)用で大きいのが 平面をガッツリ塗る時用のものです

  

ドロドロっと塗りくばっていきます。下塗り1回目と今日の2回目は同じ材料ですが、1回目は少し 黒っぽく着色してる為、かすれた部分や塗り残しが発見しやすいです



下塗2回目のビデオ



下塗り1回目と2回目の比較



下塗り1回目と2回目の比較
マウスを乗せると施工後に変化します ↓

zengo





  

下塗用塗料は当初、在庫あわせて12缶あって、途中3缶追加で発注。使いきった缶数を数えると
14缶とちょっと開けました 1缶16舛覆里如◆滷隠瓦韮横横喚岨箸辰浸になります



上塗1回目





2つの液体とシンナー 計3つの液体を 配合比率に従って、秤で計量、混合、しながら使う 2液型弱溶剤シリコン樹脂塗料 というタイプです。

  





下塗2回目〜上塗1回目への変化
マウスを乗せると画像が変化します ↓
zengo 

上塗り2回目







上塗1回目〜2回目への変化
マウスを乗せると画像が変化します ↓

zengo 


●工程ページ△慳瓩   ●ブランコ様宅「目次へ」   ●工程ページい愎覆  


   
*iphone アプリ 開発
*スマートフォン 開発