大分県津久見市ブランコ様宅の施工記録

大分県臼杵市の塗装屋(職人)が作成した工事記録です。
たくさんの施工写真や動画を掲載しております

【瓦,雨漏れ修理 屋根下地ルーフィング張替え】

実は、屋根の高圧洗浄の際に雨漏れしました。で、ブランコ様と相談の結果
 急遽、職人を呼び屋根下地シートを張りかえるという事になりました。1枚ずつ剥がしていきます。



瓦の重なりからは必ず水が入ります。
入った水は下地の防水シートを伝って、軒先に排出する訳ですが、この瓦をひっかける桟木が雨水をせきとめてしまい
周囲のシートに穴が開く事が多いみたいで、ブランコ様宅もそういう具合になってました。



洗浄の時に雨漏れした位置と近いので、おそらく ↓ この穴が原因だったようです



全部はぐってみないと発見できない事ですが、↓そりゃ漏るわけです



この部分 ↓ も点検してみました



雨水を下方向へ逃がす「捨て谷」もちゃんと入ってますので、この部分からの漏れは大丈夫でしょう



私も自分の作業があるので、ずっとは監督できません。その為、悪い部分があったら、自分達の判断で
修理しておいてね。と言っておりました。今回の瓦修理については見積りという形にしておらず、
やれるだけやって、かかった日当と材料だけを頂く、という形にしております。
特に、こういった「蓋あけなわからん」 的な仕事の場合は、それが理想で、塗装屋も昔はそうだったらしいです

軒先部分は痛みが激しく、既存シートを剥がすと、下地板まで腐っている
箇所がありましたので、板も部分的に張替えしました。



ここから屋根裏が覗けますので、下地シートが破れると即ち雨漏れする訳です



ここの周囲の破風板も弱ってましたんでついでに交換しました



今回張替えに使うルーフィング(下地シート)は厚手のゴムの入ったタイプを使います
20年以上前は、ほとんどが、薄い紙のようなシートなので、こちらのほうが断然耐久性があります



途中で雨が降るとマズイので、下〜上へ数列ずつ張替えながら進めていきます。



瓦桟(瓦をひっかける木)も最近は↓こういう「しゃくり加工」を施してるのが 主流のようで、



中に入った雨水が、この穴から下へと 排水しやすくするという仕組みです。



既存の桟木と比べると頑丈さも違います







ステンレス製の抜けにくいスクリュー釘です。瓦の釘穴の周囲が割れているのは、錆びた鉄釘の酸化 が 原因らしいです



剥いで、シート敷いて、木を固定して、瓦をふせて、、の繰り返しです



既存のモルタルが弱った所もついでに補修しておいてもらいました。



この一連の瓦関係の工事が終わった後、再度屋根の高圧洗浄を行い、漏水の有無を
ブランコ様に確認してもらったところ、当然ですが全く問題無し という事でホっとしました。


●工程ページイ慳瓩   ●ブランコ様宅「目次へ」   ●工程ページГ愎覆  


   
*iphone アプリ 開発
*スマートフォン 開発