大分県津久見市ブランコ様宅の施工記録

大分県臼杵市の塗装屋(職人)が作成した工事記録です。
たくさんの施工写真や動画を掲載しております

【セメント瓦塗装工程】


下塗り(吹きつけ)


今回は吹きつけ機械での施工になるんで、仕上がった外壁面などを汚さないよう養生



差し替えが困難な部分の瓦に、細いひび割れが2箇所あったので、補修。 この部分は、仮に水が入っても平気なように、トタンを下敷きにしております



洗浄の時にすすぎ洗いをしてるんで、そんなにホコリは舞ってはいませんでしたが念の為エアブロー



瓦の下塗り塗料の準備。使用するのは、「2液型」という2つの液体を計量、混合しながら使うタイプで
一度混ぜると、科学反応で急速に固まるので、自然乾燥の「1液型」よりも下地への密着が良いです。
今回のような、セメント瓦の場合、1液型水性塗料 を使う事も多いのですが、ブランコ様宅は、
現状がけっこうツルツル肌です。ツルツルの場合、塗料のくいつきが弱い為、1液よりも密着に優れる
2液だな、、と思い、着工前に材料を変更しました



まず、端っこは吹き付け不可なので、刷毛塗り

  

ところどころ地肌が荒れてる箇所があるので吹き付け前に、増し塗りして、できるだけツルっとさせておきます

マウスを乗せると施工後に変化します ↓

zengo





で、吹きつけ



ビデオです



材料を多めに作っておいたので、一番人の目に入る「1階の北面」のみ、下塗りの2回目を いっておきました。少しでも表面の凹凸を消したかったので



下塗2回目の様子です。全体にさぁっと吹きつけておきます



これくらいつるっとしておけば仕上りも、良い具合になるはずです



中塗り

当店標準品の2液型弱溶剤シリコン樹脂塗料です。こういうセメント系瓦はメタリック系で仕上げる事が多いので
その場合は、専用の「中塗り」があります。専用シンナー、主剤、硬化剤、3つの液体を配合比率に従って
秤で計量。その後攪拌するタイプです



再度エアブロー



下塗りの時と同様に、まず機械では届かない先端部分の刷毛塗り





  

で 吹き付け



中塗りの様子ビデオ



中塗り完了後



上塗り

中塗りの時と同一材料ですが、今度は銀色の液体で、いぶし銀のようなものから、
黒っぽい銀まで、5種類ありますが、今回はR−3(中間) の銀色です

  

例によってまた細部刷毛塗り。



この塗料の乾燥時間は23℃で4時間、というマニュアルがあります。
10時過ぎ〜中塗りをかけているので、15時頃から上塗り開始だと丁度良い具合です



ビデオ



仕上り








●工程ページΔ慳瓩   ●ブランコ様宅「目次へ」   ●工程ページ┐愎覆  


   
*iphone アプリ 開発
*スマートフォン 開発