外壁塗装の施工前後写真

北条塗装店の店主が作成した塗替えドキュメントです。
たくさんの施工写真を掲載しております

大分県津久見市「E様邸」セメント系瓦屋根 塗装工事

今回お世話になったのは大分県津久見市の峠をおりたところの純和風な現場です。

E様の知人が私、北条(私の祖母)を知っておりそういうつながりでご縁になりました。

このあたりは10年ほど前にTVCMで有名な大手の訪問販売会社が数多く瓦の塗装を

行っており、近隣を見渡すとあまり程度の良い仕事をしているように思えませんでした。

しかしE様の場合そういう会社でなく「近所の塗装屋さん」に10年前に瓦塗装を依頼したらしいです。

大分県津久見市E様邸

現場に到着し屋根にあがって調査してみると嫌な予感が、、、↓

塗膜剥離

セメント瓦の場合、こういう端っこは機械で吹きつけが出来なかったり高圧洗浄しにくかったりする為

汚れを取ったり塗ったりするのは手作業です。↑の写真のように剥がれたのは恐らくその手間のかかる

作業を怠ったから、と予測されます。(剥いでみると下塗をした様子もありませんでしたm(_ _)m

塗装後10年近く経過して全体的に色が褪めた、というのは塗料の性能なので仕方がありません。

しかし↓こういう劣化の仕方は材料のせいではなく人為的な原因です。

膜圧不足

上写真の白い部分は単純に「塗膜の薄さ」が原因です。じっくりまんべんなく吹きつけをすれば

材料が安かろうと高かろうとああいう劣化の仕方はしません。

下の写真は施工ミスではなく「経年劣化」です。凍結する時期になると防水性を

失った瓦は自然と割れてくるそうです。

セメント瓦割れ

それを裏返したのが下写真です。割れは裏面まで貫通してるのがよくわかります。

こうなった瓦は全て交換しました。*20枚くらいありました。

ひどくなると人が乗っただけでパキッと割れます。

セメント瓦裏面

足場を組み高圧洗浄です。北面は表面に旧塗膜が生きており水に塗れると

微妙に滑るので少々恐ろしかったです。

高圧洗浄中

日のあたる面は塗膜が死んでガサガサでした。結局朝から始めて洗うのに丸1日かかりました。

画像に触れると洗浄後の写真に変化します

洗浄

翌日は乾燥待ちの為昼から参上し、落としきれなかった藻や汚れをケレンします。

先程の瓦の先端部の塗装が剥げてる所もひたすら落とします。

瓦ケレン 下塗りコバダメ エアレス吹きつけ エアレス吹きつけ

津久見市「E様邸」塗装工事 ビフォーアフター

start

\浄後下塗後C翕疋哀譟叱ぞ綸疋瓮織螢奪2回後

比較
   
*iphone アプリ 開発
*スマートフォン 開発